新着情報

第20回全日本クラブ団体選手権

10月10日(土)群馬県高崎アリーナにて行われた、クラブ団体選手権に出場して参りました。

コロナ後初の全国大会!!

宿泊を避けるため、早朝からの出発!

皆、朝は4時起き💦深夜3:30に起きて準備や忘れ物チェックした生徒もいました!

試験期間と重なる生徒が多かったため、試験直近ではない1チームのみの参加でした。

直近ではないものの、大会後すぐに試験週間に入るため、行き帰りの電車の中では皆しっかり勉強をしていました。

本来ならば春から幾つもの大会を経験し、失敗や反省を繰り返しながら今大会に臨むはずでした。

しかしコロナの関係で大会が全て中止になり、今回の大会で初めて団体演技の披露となりました。

8・9月に一部保護者の前で演技発表を行いましたが、やはり大会の緊張感は相当なものでしたね。

台風の影響により湿気。リボンは絡まりやすく最悪の条件でした。

群馬まで来て、リボンとリボンが絡まって演技が終わってしまうことだけはさせない!

という信念のもと指導してきました。最後は選手を信じるしかありません。

結果、最後のあたりで連係が抜け、結び目が一つ出来ましたが落下はなく、一人一人が思い切りのよい演技が出来ました。

しかし、もう一つ固結びが出来ていたため、身体難度やステップがノーカウントになりDの得点が伸びませんでした。

史奈はチーム唯一の中3。昨年は上級生にただ必死についていくだけでした。今回、演技中に責任ある投げ技が多数入っています。「史奈がミスしてどうする!」と何度も私に怒鳴られながら練習をしてきました。チームをまとめ、自分の責任を全うでき本当に良かった!

瑞希は昨年のこの大会は補欠で参加。来年は自分もフロアーで踊るぞ!と意気込んでいたことでしょう。動きも綺麗になり、チームの主軸として不安な投げも全て成功させ自信がついたことと思います。練習中、団体チームとしての役割、考え方、声の掛け方など私が瑞希に伝えたこと、注意したことを、自分の糧にして更に向上してほしい!

二菜は昨年、この大会は他チームで出場。今回、このチームでは一番の器用者で連係の要でした。

ムードメーカーでもありました。最後に重要な投げ技の役目で、緊張もMaxだったと思いますが、全て成功!二菜なら大丈夫!任せられる!という安心感は素晴らしい!

今度は個人で投げ技をバンバン成功させて、美しい演技を期待しています!

実優は昨年のこの大会は、他チームの補欠でしたが、メンバーのケガにより大会間近で正メンバーに。

今回は2度目の参加。常に安定感があり安心して任せられる選手です。しかし、本番で前転の投げが真上に。本人が一番悔しいはず。リボンの操作はメンバーの中で一番上手です。

今回経験したことを生かすかは自分次第。来年の団体では皆を引っ張っていく存在になって欲しい!

個人にも期待しています!!

心菜は今回、団体初出場!身体難度能力はチーム一番です。しかしリボンの操作、投げなど大変でしたね💦今回の大会で一番不安な選手でしたが、一番にこやかに演技出来ました!

団体の難しさを経験しましたね。これは必ず個人にも生かされるはずです。自信にも繋がったはずです。益々、個人能力が伸びることと大いに期待しています!!

 

コロナで自粛を余儀なくされてから、練習会場、時間もままならない経験をし、やっと出場した大会でした!練習できることが、こんなに有難いことなんだと私自身も身に染みて感じました。

久々の大会で、久々の緊張感でした。

コールされ、胸を張って堂々と入場する姿は、本当に勇ましくて、この子達を指導してきて良かったなと思える瞬間でした。

一人ひとりの成長がみれた大会でした。

 

鈴木

 

2020-10-14 | Posted in 新着情報No Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です