新着情報

第21回全日本新体操チャイルド選手権・第18回全日本新体操キッズコンテスト

2月22日(金)~24日(日)まで群馬県高崎アリーナにて上記の大会に出場して参りました。

寒い。

高崎駅にて

<キッズ1年生の部>

凜香:カーボーイ風の曲にのって堂々と踊る事が出来ました!

花梨:メリーさんの羊に扮して可愛く踊ることが出来ました!

菜々佳:選手コースらしい動きを入れて、可憐に美しく踊る事が出来ました!

<キッズ2年生の部>

美羽:得意なジャンプも決まり、ダイナミックに踊る事が出来ました!

優希:普段の注意に気をつけて、丁寧に踊る事が出来ました!

千紗:曲に合わせて可愛くパフォーマンスが出来ました!

そして、全国から参加した147名のうち7名の中に選ばれ、キューティー賞を頂くことが出来ました!

中村先生が探してくれた曲からチワワのおもちゃを使用するアイデアが湧き、正木先生振付の演技を千紗の持前のパフォーマンスで可愛く踊りました。

会場からも先生方からも可愛いと言ってもらえましたね。フロアーマット上は車輪が滑りににくく、時折「チャッピー」(チワワの愛称)がひっくり返ってしまうハプニングがありましたが、エキシビジョンでは同じ過ちをしないように頑張りました。ここに至るまで、たくさん怒られながらも練習してきた甲斐がありましたね。エキシビジョンで踊れた事は最高だったね!!今後も謙虚に真面目に練習して頑張りましょう!

1年生は、あんなに大きな会場で実に堂々と演技をしました。他の2年生も日々の注意を守り、思い切りの良い演技をしてくれたことに誇らしく思います。

<チャイルド3・4年生の部>

葵:リスク、バランスが決まり良かったね!

ねね:大きな大会で見事やり切れました!

優杏:踊り方に成長がみられ、ミスよりもそちらの方が嬉しい!

<チャイルド5・6年生の部>

綸夏:初めての大舞台で見事にやり切ったね!!

二菜:たくさんのADをミスすることなくやり切ったね!

瑞希:丁寧に堂々と踊り切ったね!

チャイルド選手は、トップバッターの葵が実に堂々とノーミスで演技をしました。

年々、決まりが厳しくなり、割り当て練習以外は廊下でアップする事も許されず、ひたすら会場で観戦か応援をするしかありませんでした。選手達は他の選手の演技を観る度に緊張が増したことでしょう。

ましてやNS最初の葵が初出場ながら見事にやり切ったので、次の選手のプレッシャーは大変だったと思います。2番手のねねは、ずっと本番でリスクを落としていました。一番大事なこの大会で絶対に成功させるぞ!との意気込みで本人は練習してきたと思いますし、私も同じ思いで指導してきました。緊張すると注意が飛んでしまいがちですが、落ち着いて大きく演技しリスクも見事成功!

3番手の優杏。2人がミスなくやり切ったのを目の当たりにして緊張がMax。私も不安でしたが、本番は普段の注意を一つ一つ丁寧にこなしており感動しました。1箇所惜しい落下があり、次のリスクは弱気になるかと思いきや、正確にやり切ることが出来ました。更に成長を感じました。

翌日は6年生。前日の4年生が良い演技をし、丸一日練習が出来ず緊張感だけが高まりました。綸夏いわく、緊張を通り越して泣きたくなるのも通り越して口から物が出そうだった!と。。。

トップバッターはその綸夏。ADにやや不安がありましたが、大きな大会初出場なので失敗しても元気に踊り切ればいいなと思いながら送り出しました。ADの移動やパンシェターンの不完全がありましたが、この緊張の中、本当に丁寧に落ち着いて踊りました。

こうなると次の二菜の緊張とプレッシャーは計り知れないものがあり、本人も少々背中が丸くなってきたので、私もやばいな~と思いました。前半のADが気がかりでした。1歩移動で0.3の減点。しかし動揺することなく演技。ラスト近くが乱れやすいので祈るばかりでしたが見事やり切りました。

NS最後の瑞希。皆が良い演技をして本当に緊張はすごかったことでしょう。ですがリスク・AD全てやり切りました!何より緊張のなか、普段の注意を丁寧にこなしながら踊り切った事に先生は嬉しく感動しました。

スーツケースを持って移動するのも勉強!誰も助けてくれません。

4年生は他のリスクも出来るように頑張りましょう!

6年生は確実なAD!自分のBDの完成度を目指しEの減点を減らすこと!

6年生は遠征を通してたくさんの事を吸収してくれて頼もしい限りです。よく気が付き、優しく4年生を誘導し、それに従う素直な4年生は可愛らしく、何とも微笑ましい光景でした。

寒い群馬でしたが、最高な演技をしたNSの選手達でした!

緊張の中で堂々とやり切った子供達を誇りに思います。今後も決して良い事ばかりではなく挫折したり、思うようにいかないこともあるでしょう。

今回の遠征組6人は大きな大会が初めてだったり、気持ちが弱い方だったり、身体能力が大変優れているわけではなかったりです。ですがコツコツと努力して本番に臨みました。自分の欠点をいかに克服して長所に導けるか私も努力していきたいと思いますし、本人の今後が楽しみです。

感謝の気持ちを忘れずに努力して欲しい。

今回出れなかった子達も影で努力しています!春からの大会では皆がライバル!!

がんばれ!!

 

鈴木

 

 

 

 

 

2019-02-25 | Posted in 新着情報No Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です